IROAS(イロアス)というシステム的な法則について

IROAS(イロアス)を意識して学校生活を魅力的に経験する


シネマティックで魅力的な人生にしたいと考えるなら、ハリウッド映画を参考にしてみましょう。文字通りに映画のような人生に演出できるようになります。
ポイントは、ハリウッド映画で多く採用されているシステム的な法則です。システム的な法則なので、誰でも応用できるのがポイントです。誰でも応用できて、魔法仕掛けのように魅力的でシネマティックに自分の人生を彩れます。
システム的でありながらも、魅力的な法則がIROAS(イロアス)です。
「勝利の女神」という意味合いです。勝利の神様と言われています。英雄のように魅力的な人物像と、好奇心と歓喜に満ち溢れた冒険の物語です。誰にでも応用できるのがポイントですから、誰もが英雄のようにエネルギーに満ち溢れた人生を実感できます。正確に言うと、人生の変化を実感できます。なぜならば、自分の人生を、自分で脚色して、人生を脚本として描くからです。

IROAS(イロアス)が、システム的である根拠が、別離と試練と帰還の三要素です。
別離に始まり、試練を辿り、帰還する順番です。この順番を意識しながら、環をイメージして辿ると良いでしょう。なぜならば、帰還とは、出発した場所に戻る意味合いだからです。出発した場所とは旅立った故郷であり、原点とも言い換えられます。ぐるっと回るイメージです。ぐるっと回って帰ってくる一周コースなのですが、人間的に大きく成長して帰ってくるのが特徴です。
人間的に大きく成長するカギは、さまざまな試練を乗り越える行動ですが、厳しい試練に立ち向かって勝利するのが重要です。勝利によって歓喜と祝福が得られます。歓喜と祝福は報酬と言う意味合いです。実際に、宝物を手に入れたり、賞金を手に入れたり、権力や霊力を手に入れると理解しても良いでしょう。出発した場所に帰るとき、貴重な薬草や霊感を伴っているのも見逃せません。

別離と試練と帰還の三要素ですが、別離の意味するものは、それまでの自分そのものです。なにげなく過ごしていた日常や、なにげなく眺めていた景色など、普段の変わりない毎日そのものです。
家族や恋人、友人たちと別れて旅立つイメージです。イメージを現実に投影すれば、学校への入学や卒業も該当してきます。それまでとは違う世界に飛び込んで、新しい人たちと出会うのがポイントです。
学校への入学は、親からの期待も込められています。新しい知識を学び、素晴らしい体験を重ねて成長できるからです。新しい環境と言って良いでしょう。新しい環境への誘いは、さまざまな形で現れます。新入生への勧誘であったり、義務教育における学区の割り当てであったり、兄や姉など先に生まれてきた家族たちからの楽しくて魅力的な話題そのものも重要な役割を果たします。賢い大人の入れ知恵で、受験を経験する人もいます。越境入学や、留学の場合もあります。
人生を指南してくれる人と出会えば、可能性と選択肢は大きく広がります。可能性と選択肢が大きくなればなるほど、変わりたくないという拒絶心も生まれやすくなります。とくに急激な変化は、期待よりも不安のほうが大きくなりがちだからです。期待と不安がひとつになって、しっかりとした覚悟ができたときこそ、ボーダーラインを越えるタイミングです。学校の入学式は、ボーダーラインを越えるイベントとも言えます。

新入生を待ち受けているのは、入学するまで思いもしなかった出来事の数々です。楽しいことが多いですが、理解できないことや、クリアするのが困難な課題も与えられます。なによりも入学とは勉強を始めることなので、次々と新しいことを学びながら、理解できない問題を発見する過程になっていきます。問題解決こそ、試練といっても良いでしょう。学年が進めば、与えられる課題は難しくなります。勉強に望む姿勢も問われるようになります。
IROAS(イロアス)を学校生活に応用すると、いやなことや難しいことに立ち向かう勇気が芽生えてきます。自分自身を英雄に見立てて、毎日の出来事を映画のように感じられるからです。カギとなるのは、誰もがヒーローあるいはヒロインになれる点です。魅力的な役者になりきってみるのも良いでしょう。
あまり深刻に悩まずに、これはドラマなんだと言い聞かせてみても良いでしょう。ドラマの中では出会いも多種多様です。学校での出会いは、誰もが仲良くなりたいと願いながらも、現実には敵と味方に分かれやすいのも特徴です。敵と味方に分かれますが、昨日の敵が今日の友となることは珍しくありません。喧嘩をしたからこそ、互いを知るきっかけとなり、以前よりも親しくなる場合もあります。自己主張と自己主張がぶつかりあえば、衝突が生まれますが、相互理解の機会にもなっているからです。

IROAS(イロアス)の法則を踏まえて物事を考える

IROAS(イロアス)という法則には、別離と試練、帰還の3つの要素が含まれます。このIROAS(イロアス)に法則は生活の至る場所にあてはめることができます。恋愛においても、愛し合っている人とも様々な事情で別れざるをえないことがあります。別れた後は、寂しさや未練で心がいっぱいになって落ち込んでしまいますが、それを乗り切ることが試練になります。そして試練を乗り切ったら、再び穏やかな心を取り戻すことができます。
これらの法則は恋愛だけでなく、友達関係について、仕事についてなどあらゆる面に共通しています。そのためIROAS(イロアス)の法則を理解していれば、自分はどん底の気持ちになっていたとしても、冷静に今は試練の時であると判断することができます。試練の時を乗り越えれば、再び浮上できることがわかっているのであれば、過度に落ち込まずに済みます。IROAS(イロアス)は、人間が明るく楽しい人生を送るために知っておくべき、法則だといえます。ただIROAS(イロアス)の法則を知っていても、試練の時を乗り越えるのは大変です。

悩みや問題によっては、試練の時期が長く続くこともあるので、そんな時は気持ちを冷静に保つのが難しくなります。そんな時は、第三者に相談をしたりしてアドバイスを求めることも1つの手段になりますが、それ以外の方法として立ち止まってみることも大事です。
前向きな考え方の人は、人生に立ち止まっているときはないので常に走ってる状態になることがありますが、それは本当の悩みに打ち合ったことがないからです。深刻な悩みがあるときは、励まされたり、他に気を紛らわせようとしても、やはり悩みの部分に気持ちが向いてしまいます。そこで無理に悩んでいる状態から心を動かそうとするのではなく、ある程度の時間は立ち止まって、心を休ませてあげることが必要です。人間はIROAS(イロアス)の法則が示しているとおりに帰還することができますから、焦らないことも大事です。

IROAS(イロアス)の仕組みを身に付けて生活する

波乱万丈な人生よりも、平凡な人生をおくりたいと考える若者は日本では増えているようです。
実際にここ2〜30年の間に生まれた若者は、生まれたときから物があふれる生活を当然のこととして受け止めていますし、外国で起きているような戦争は他人事のように感じています。
親世代を見て育っていると、余裕のある老後を過ごしたいと自然と考えるようになり、若いうちから無駄遣いを控えて貯金を心がけようと考える人が多くなっています。確かに安定志向は大事だといえますが、一度きりしかない人生ですから、時には冒険をしてみることが大事です。
そして平凡な人生をおくりたいと考えていても、未来というのは未知の存在ですから、これから先に何が待ち受けているのかは誰にもわかりません。急なトラブルに巻き込まれたときも、慌てずに対処できることが必要で、そのためにはIROAS(イロアス)という仕組みを身に付けておくと安心です。

IROAS(イロアス)というのは海外では勝利の女神と訳されることがありますが、その他には別離と試練、そして帰還の3つの要素をセットにしたものを示していることがあります。
人生において出会いと同じだけ別れが存在しますが、大好きな人や大切な人と永遠に一緒にいるということは不可能です。
いつかは訪れる別れですが、その辛さに耐えることが試練であり、それを乗り越えることによって、再びまた別の人と出会うために帰還するという意味合いがあります。

つまり、人生には別れを含む、様々な辛いことが訪れるけれど、それに耐えられる強さがあれば再び新しい道が開けるということを示しています。その自然な流れが存在することを知っていれば、これからの人生において様々な辛いことがあっても、辛いことばかりではなく、その先にまた良いことが訪れるというのを知っているので耐えることができます。人生において良いことばかりが起きる筈もない一方で、悪いことばかりも起きませんから、それを知っておけば、大抵の事には乗り越えることができます。

IROAS(イロアス)の法則を知ることで悲しみを乗り越える

長い人生の中で、数え切れないくらい多くの人との出会いがあります。出会いによって、刺激を受けたり、広い視野を持てるようになります。そのため出会いを自分から積極的に作り出すことは、とても良いことだといえます。
ただ一方で、出会いの裏には、必然的に別れがあります。幼稚園から小学校に入学する過程でも、これまで一緒に幼稚園で過ごしていた仲間が、校区が違うことによって分かれてしまうことがあります。その別れは、その後、中学や高校、大学に進学するときにも起こります。
そして社会人になったら、一緒に働いていた人が様々な事情で退職することもありますし、定年退職をしてお世話になった上司と離れることもあります。友人や知り合いだけでなく、身近にいる親や兄弟との別れも避けることはできません。人間には寿命がありますから、避けたいと考えても必ず別れはやってきます。大事な相手であればあるほど、別れるときはつらくて仕方なく、落ち込み過ぎてうつ状態になってしまう可能性があります。

そんな時は、IROAS(イロアス)の法則を思い出すことが大切です。IROAS(イロアス)の法則とは、別離と試練、帰還の3つの要素がセットになったもので、人生において大事な人との別れを別離に当てはめることはできます。そして別れによって訪れる悲しみが試練になり、次に帰還というものが訪れます。帰還というのは、別れた人とご縁があれば再会する可能性があるということにも受け取ることができますし、それ以外では、別れてしまった大切な人と同じくらい、大切だと感じられる人と出会える可能性があるということです。
人間は数え切れないほど多くの人がいますが、人生の中で知り合うことができるのはほんの一握りの人達です。そのため大事な人を失って寂しさから落ち込んでしまう状態になったときは、IROAS(イロアス)の法則を思い出して、自分からまだ出会っていない人と知り合うきっかけを探すことが大事です。そうしたら、いつかは大切な人と巡り合える可能性があります。

人生を豊かに変えるIROAS(イロアス)の魅力とは

IROAS(イロアス)とは勝利の女神という意味があります。一方でアメリカの神話学者が世界中に存在する神話の研究からある法則を発見し、IROAS(イロアス)の法則と命名しました。この法則は映画や小説など様々な物語にも一般的に見られます。IROAS(イロアス)の法則とは物語の主人公が離別や試練を経験し、最終的な目的を遂げて帰還するという一種の型です。様々な物語にこの様式美を見ることができます。現実の人生にもこの法則を当てはめることが可能です。

IROAS(イロアス)は、別離と試練と帰還の三要素で構成されています。これは恋愛、特に復縁をするときに役立つ法則だと言われています。「別離」は、その言葉通り、別れを意味します。一度別れてしまったカップル、寄りを戻すにはどうしたらいいのでしょうか。復縁の最大の試練は、冷却期間です。突発的な喧嘩別れが原因である場合は、元カレの心を揺さぶれるかが貴方の試練です。冷却期間を脱するためにも「新しい彼女ができるまでに早く連絡しないと!」と思う人もいるでしょう。しかしそれは正しくありません。

じゃあ「連絡しなければいいのですね」というのも違います。冷却期間は「自分自身を変えること」に使って下さい。一度「別れる」という結論が出た以上、貴方が変わらない限り、復縁はできません。貴方が変わったタイミングで、元カレを再度説得するべきだと思います。それが貴方の試練です。外見も内面も磨きましょう。

IROAS(イロアス)の法則を知ることで悲しみを乗り越えられる

人生の中で数え切れないほど多くの人と出会う機会がありますが、それと同じだけ別れがあります。大事な人や仲良い人との別れはそれほど辛くありませんが、家族や恋人、親友との別れはとてもつらいので、日常生活に影響を及ぼすことがあります。
学校に通っているとき、新しい学年に進学するときはクラス替えが行われることが多くなります。クラス替えが発表されるときは嬉しさより不安や悲しさを感じることが多いですが、マイナスの要素は自然と忘れることができます。

その理由として、新しい出会いがあれば、さらに仲良い友達を作れるからです。この別離から試練、そして帰還という法則があてはまりますが、これこそがIROAS(イロアス)の法則です。つまりIROAS(イロアス)に照らし合わせて考えると、クラス替えによって仲良い友人と別れることになるのが別離です。その後、新しいクラスになり、まだ仲良い友人を作ることができずに孤独に耐えなければならないのが試練です。
そして、その後同じ授業を受けるうちに自然と話す機会が多くなり、以前よりもさらに気がある友達ができて学校が楽しくなってきたと考えるのが帰還にあてはまります。寂しさや不安を抱えていた状態から、以前と同じような日常に戻ったことを意味しています。これは、クラス替えの時だけでなく、人生における困難な事態にもあてはめることができます。

つまり、IROAS(イロアス)の法則を知っていれば、悲しい別れがあったとしても、ある程度の期間を耐えることができれば、荒波を乗り越えることができると理解することができます。年齢を重ねた人は様々な荒波を渡ってきていますから、少しの困難では落ち込んだり倒れることがありません。しかし若い人の場合は困難に出会ったときに対抗する手段が少なく、経験も少ないですから、立ち上がれないことがあります。そのため、若い人にもIROAS(イロアス)の法則を知ってほしいと考えています。

IROAS(イロアス)の法則を知りアイドルに挑戦する

アイドルになりたいと思い、いろんなオーディションを受ける人もいますが、なかなかオーディションに受からないことも多いです。ある程度オーディションを受けても全然受からないと、もうアイドルになることを諦めてしまう人もいます。IROAS(イロアス)の法則を知っていれば、諦めずにもう一度チャレンジしようと思えます。

IROAS(イロアス)は勝利の女神という意味があるので、オーディションで勝利の女神を味方につけることが大事です。IROAS(イロアス)の法則は別れや試練、そして帰還です。別れとはこの場合はアイドルのオーディションを受けて落ちたことを言います。アイドルになることをそこで諦めて違う道を探す人もいますが、もう一度試練に立ち向かいオーディションを受けてみたいと思う人もいることでしょう。ただし前と同じように何も努力しないでオーディションを受けても受かる確率は限りなくゼロに近いです。

自分がなぜオーディションに落ちたのか、今の自分に足りないのは何かをしっかり確認することが大事です。自分に足りない所を頑張って補えば、だんだん自分に自信がつきそれがオーディションの時に特殊なオーラとなって審査員に伝わります。オーディションに受かりアイドルになる目的を達成できた時が帰還と言えるでしょう。IROAS(イロアス)の法則を知っていれば、試練という大きな壁にぶち当たった時も焦ることなくマイペースで自分を磨くことができます。

アイドルになることを諦めた人は、次なる帰還という目的を立てるといいでしょう。人によっては専門学校に通い手に職をつけようとする人もいますし、海外留学をするためにお金を貯める人もいることでしょう。自分が立てた帰還という目的を達成するために試練を超えなければいけませんが、帰還という目的を立てることによって苦しい試練もそれほど苦しく感じずにすみます。IROAS(イロアス)の法則は人を幸せにするものなので知っていれば必ず幸せになれます。

IROASを知り試練という道を歩きだそう

友達に恋人を奪われる話はドラマや映画だけでなく現実にもおこっている。友達に彼を紹介したら友達が彼を好きになり自分には内緒で付き合い始めていたなんてこともある。同時に友達と彼を失うわけだから相当のショックを受けることだろう。中には生きていることさえ嫌になったという人もいるかもしれない。

そんな時IROASの法則を思い出すといいだろう。別れと試練、帰還という3つでできているが、その3つを実行に移すことで必ず幸せになれる、友達に恋人を奪われたという事実を別れとすると、この後にはかなり厳しい試練が待っている。友達と思っていた人に裏切られたわけだから相当精神的なショックは大きい、その試練を乗り越えた時にもっと素敵な男性との出会いが待っている。それが帰還というわけだが帰還を果たした人には、勝利の女神を引き寄せることもできる。

実際に友達に彼を奪われた時は、ショックで目の前が真っ暗になると思うが、いつまでもそのことから目をそらしていると何も変わることはできない。今の自分を変えるより素敵な女性になることが、彼と友達を見返してやることに繋がる。強い意志を持ち今の自分を変えようとすれば、必ず道は目の前に広がる。

IROASには不思議な力があり、もうだめだと思っていてもIROASの法則を思い出すことでまだ頑張ることができる。周りの人間もIROASを知っていれば優しい気持ちで、その人のことを見まもることができる。もう何もやる気がおきないと思う人もいるだろうが、そういう時は何もせずに何かをしたくなるまでじっと待つことだ。人間とは不思議なもので何もしないでいると、自然に何かをしたくなるものである。

今までとはまったく違ったことを始めるのもいいだろう。自分にこんな才能があったのかと発見することにもなる。自分の限界を自分では決めず、新しい自分を見つけるためにも、試練という道を歩き帰還というゴールを目指して歩くといいだろう。

IROAS(イロアス)を意識することでポジティブに

IROAS(イロアス)は勝利の女神、勝利の神様などと呼ばれていますが、意識して過ごすと考え方をポジティブにすることができます。

もともとポジティブな人もいますが、IROAS(イロアス)はあまりポジティブでない人にこそ知ってほしい法則です。常に前向きな考えをするようになると自分だけでなく周りも明るくなるので、良い影響を与えることができます。

まずは、なぜネガティブに考えてしまうのか自分を見つめなおしましょう。ネガティブな考えになる原因の一つに、自分に自信がないということがあると思いますが、自分にできることを探し自分自身を認めてあげることで、少しずつ自信がつき前向きになることができます。意識改革をすることは生きる上でとても重要です。

IROAS(イロアス)を意識するのは何かに挑む場面、勝負ごとに直面する場面などだと思いますが、特定のものを信じることが大きな原動力になるのはよくあることです。何を信じるかは人によって様々ですが、IROAS(イロアス)を信じても心強く感じることができるでしょう。

強く何かを信じているとき、人はポジティブになります。特にIROAS(イロアス)は勝利の神様なので、勝ちたい、負けたくないと思っているときこそ意識してほしいです。

意識改革はすぐにでも始められることなので、自分を変えたいと考えている人はぜひ挑戦してみてください。善は急げという言葉通り、行動を起こすことで自分をポジティブに変えることができると思います。明るい人生のヒントはすぐそこにあるでしょう。

IROAS(イロアス)はいつも皆さんのそばにある

学校はIROAS(イロアス)を強く感じられる場所の一つだと思います。同級生や先輩・後輩との出会いがあり、別れもあり、試練があり、そして思い出となり全ての人の心に還ってくる。これらはすべてIROAS(イロアス)に当てはまります。

日本では、義務教育で過ごす9年間の後半は思春期のころでもあるので、多感な時期だからこそ忘れられない思い出を学校で作る人は多いことでしょう。若い頃の経験は時間が経っても簡単に忘れられるものではありません。できるだけ良い思い出をたくさん作って、その後の人生も良いものにしてほしいです。

もちろん学校生活だけにIROAS(イロアス)がかかわっているわけではありません。IROAS(イロアス)を形成する別離、試練、帰還というのは学生生活以外の人生にも深くかかわっています。つまり、IROAS(イロアス)はいつも皆さんのそばにあるものなのです。

だからこそ、すべての人に有意義な人生を送ってほしいと考えています。IROAS(イロアス)を意識するだけでも、困難や壁などを乗り越える強い心を作るきっかけになるでしょう。心を強く持つというのは言葉で表現する以上にとても難しいことですが、何かきっかけがあるとすんなり達成してしまうことがあります。IROAS(イロアス)を意識することは何か道具が必要というわけではないので、誰でも気軽に行えるでしょう。

人は、一人では生きていくことができません。しかし孤独を感じることが多い人は少なからずいると思います。そんな時はいつでもそばにあるIROAS(イロアス)を思い出してください。

IROAS(イロアス)で学校の人間関係を乗り越える

IROAS(イロアス)の法則には「試練」が含まれていますが、多感な時期を過ごす学校では試練の連続だと思います。特に人間関係で試練を感じる人が多いでしょう。

小学校では男女分け隔てなく仲良くしていたけれど、中学校に入ったとたん意識してしまいぎくしゃくした経験のある人もいると思います。友達関係、先輩・後輩関係で悩む人もいるかもしれません。中学生くらいの年齢で思春期に入るので、そう思うのは健全な心の成長といえます。IROAS(イロアス)の法則の「試練」はその人の人生を輝かしいものにするので、悩むときがあってもあまり深く考えすぎず、おおらかに受け止めてください。

誰でも一度はそういう経験があるものです。学校は一つの社会のようなもので、中学生にもなれば様々な感情を抱くようになり複雑化していきます。しかしそれらは成長に欠かせないものです。決して無駄なことでも損なことでもありません。大切なのは、年齢を重ねていくと人間関係が複雑になっていくという事実を受け止めることです。そして、それが自分の成長に必要なことだと理解することも重要です。

IROAS(イロアス)の法則を知っていれば、学校の人間関係で悩んでも試練として認識することができるでしょう。試練は乗り越えることでその人の成長につながるので、悩むときがあればそれは自分が成長するチャンスだと思うべきです。どんな悩みに直面しても、自分にうそをつかず誠実に対応していれば必ず味方してくれる人は現れますし、周りの人が助けてくれます。自分を信じて、落ち着いて過ごしてください。
試練を乗り越えた時は、大きく成長しているでしょう。

IROAS(イロアス)を意識して楽しむ部活

学校生活で欠かせないのが、部活動です。入らない人もいるかもしれませんが、多くの人が中学校以上で部活動に入ると思います。そこでもIROAS(イロアス)を意識することで、様々な経験を自分の成長につなげられます。

部活動では活動自体も成長につながりますが、部活動内での人間関係も大いに成長に関係しています。代表的なのは、先輩後輩の関係です。先輩や後輩といった概念は日本独自のものらしいですが、学生生活を語るうえで欠かせません。部活動の知識や技術を自分より多く持つ先輩を、尊敬し支えることが後輩の役目です。部活動の間一緒に過ごすことがそのまま自分の部活動の経験値にもつながります。やがて先輩と後輩の間に信頼関係が生まれれば、さらに楽しく部活動を行うことができるでしょう。

IROAS(イロアス)には別離という要素がありますが、先輩や後輩との出会いはいずれ別れにつながるので、別離につながるものともいえます。中学校も高校も、それぞれ3年間しかありません。入学した当初は長く感じるかもしれませんが、過ぎてみればあっという間です。人生の中での3年といえばさらに短く感じます。1日1日を大切に、有意義に過ごしていきましょう。

大きく分けて文化系、体育系の2種類の部活がありますが、どの部に所属することになってもIROAS(イロアス)の要素があることに変わりはありません。あっという間に過ぎてしまう学生生活を魅力的に過ごすためにも、部活に入ったときはしっかり楽しむようにしてください。その経験は大人になっても活かすことができると思います。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます